HOME TopImage
幹事会からのお知らせ 予定されている行事等 東京九学会行事等の結果報告 会員の発言・情報交換等のブログ 東京九学会組織・幹事会等の情報 会の歴史・履歴 同窓会関係ホームページへのリンク
 

沿革

〔戦前〕
遠山参良院長が上京される時などに、原為雄氏を中心とした有志が「在京同窓懇親会」を行いました。
「東京九学会」の原点です。

〔戦後〕
終戦すぐ1946年から毎年「在京九学会」がYMCAなどで行われました。会長格が遠山不覇夫氏(旧01)、副会長格が原為雄氏(旧05)でした。
別に、 川瀬清院長が上京される折に、母校の卒業生資料をもとに在関東同窓生に連絡をとり「在京九学会」が開かれました。1968年に「東京ステーションホテル」で行われた「在京九学会」では出席者が予定通知者数より大幅に増えました。

1976年

緒方信一氏が会長に就任し、名称を正式に「東京九学会」とすることなどを含む規約を作成され総会で承認されました。
その後、稲富昭氏(旧30)が会長に就任されました。

1993年2月23日

新宿「中村屋」での総会を最後に、会長の体調不全やその他の理由で、 会の活動が休止する不幸な期間がありました。

1997年

中園達哉氏(旧28)を中心とする有志により「東京九学会」を再構築することが検討され、その為の具体策が作成されました。11月10日に新役員候補者、新学年幹事候補者、斉藤堅固元院長、土山研三院長、その他の有志が出席して、役員会が赤坂で開かれました。

1998年4月19日

一ッ橋「如水会館」にて会員総会が開かれ、保良光彦会長(S05)と新役員、規約改正、活動方針などが承認されました。

2001年5月26日

高田馬場「千代田平安閣」での総会で、緒方昭義氏(S06)会長と新役員などが承認され就任しました。

2008年5月17日

青山「アイビーホール・青学会館」での定時総会で、連川悠一氏(S11)の会長と新役員などが承認され就任しました。

2012年11月11日

竹芝「ホテル  アジュール竹芝」での定時総会で、島本 誠氏(S30)の会長と新役員などが承認され就任しました。

その後、現在に至ります。

 

フッターバー